会社案内

  1. カイノス ホーム
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

会社沿革

昭和44年 5月 榊原康三が西尾市矢曽根町にて小型ブルドーザー(主に古河機械金属製品)を主体として 土木建設機械の販売・修理を営業目的とし、三河機工を創業
昭和45年 1月 個人経営から法人組織へ改め資本金500万円とし株式会社三河機工を設立。さらに同年8月に西尾市丁田町(現本社所在地)600㎡に事務所及びサービス工場を新築し移転。
昭和46年10月 敷地を1,000㎡に拡張
昭和48年 1月 資本金1,000万円に増資
昭和50年 7月 汎用機専用サービス工場を新築し重機洗車場並びに油水分離化装置設置
昭和51年12月 資本金1,500万円に増資
昭和57年 8月 全国建設機械リース業協会連合会加入
昭和57年10月 リース業倉庫を新築し建設機械の販売、修理にリース業を加え営業目的の拡充を図る。
昭和61年 7月 産業機械部を新設し、環境改善装置の立案、施工並びに産業廃棄物処理装置の販売、保守の営業を開始。
昭和63年12月 刈谷営業所を出店、主に土木建設機械リース業を柱とする。
平成 2年12月 安城営業所を出店、主に土木建設機械リース業を柱とする。
平成 3年 9月 資本金を3,000万円に増資
平成 3年10月 碧南営業所を出店、主に土木建設機械リース業を柱にする。
平成 4年 5月 足場リース事業部を新設し、建築足場の請負工事を主な仕事とし、現場事務所用ハウス及びトイレなど建築現場周辺の仮設資材のリースなどを営業する。
平成 4年10月 西尾営業所を出店し、リース部門を本社所在地より移転
平成 6年 2月 仮設トイレリースの専門分野を業務とする子会社、株式会社レックス・コーポレーションを設立する。
平成 8年10月 資本金4,500万円に増資
平成 9年 5月 足場リース事業部 名古屋営業所を愛西市に出店し、名古屋及び岐阜県並びに三重県への営業本拠地とする。
平成 9年 7月 レンタルリースを中心とする営業店の大府リースセンターを知多郡東浦町森岡に尾張地区への参入窓口とし開設する。
平成11年 1月 資本金5,400万円に増資
平成12年 9月 西尾営業所及び刈谷営業所敷地内において、土木金物の取り扱いを中心とする資材ショップをオープン
平成13年 7月 碧南・安城・大府と各営業所内に土木金物ショップコーナーを設置し販売拡大を図る。
平成16年 4月 西尾市平坂町に建設機械修理工場予定地6,435㎡を購入し、サービスセンター開設
平成16年12月 現在の本社所在地に本社社屋建替え完成
平成18年 7月 建機事業部 レックス営業をイベントレンタルを含む仮設ハウス、仮設トイレ、備品のレンタル商品を扱い県外市場を念頭に入れ広域営業エリア拡大充実するため建機事業部より、レックス事業として独立させレックス事業部を設ける。
平成19年12月 レックス事業部を(株)レックス・コーポレーションへ会社分割する。
レンタル機械、保安資材の管理部門として安城赤松センターを開設。
平成23年12月 西尾市徳次町にカイノス西尾店をオープンし、西尾営業所を移転。金物資材ショップを拡張する。
平成24年 8月 株式会社 三河機工足場事業所を設立し、足場事業部を新設分割する。
平成26年12月 西尾市岡島町に西尾東センターを開設し、建設機械・高所作業車・敷鉄板のレンタル機器の管理を強化。
平成28年 1月 安城市赤松町的場にカイノス安城店をオープンし、安城営業所を移転。金物資材ショップを拡張する。
安城市赤松町北新屋敷に安城赤松センターを移転する。
平成28年10月 完全親会社である株式会社三河機工ホールディングスを設立。
三河機工グループ体制を強化。
平成29年7月 株式会社カイノスに社名変更。
店舗名もカイノスに統一。
・刈谷営業所から「カイノス刈谷店」
・碧南営業所から「カイノス碧南店」
・大府リースセンターから「カイノス大府センター」
平成29年9月 サービスセンターに鈑金塗装工場を開設。
平成30年1月 安城市和泉町大海古に資材センターを移転。

このページのトップへ